So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

蒲田温泉 (大田区蒲田本町) [東京都大田区の銭湯]

 土曜日、引き続き午後は仕事。土日は静かに仕事ができる、と思いきや電話が案外と掛って来たりする。18時半目途で撤収するつもりが調子が出て来て19時頃まで作業、またもや日中に写真だけ撮っておいた蒲田本町の蒲田温泉へ。コレは暗闇で不鮮明な写真を撮る事が無いのですが予告先発みたいに行く場所を変えづらくなる、朝10時より営業しているだけに15時過ぎに行っても既に営業している。
商店街沿い
 出村通り商店街沿いですが入り口は路地側で路地沿いが駐輪場に、裏の団地方向へ進むと釜の焚口が路地沿いにあったり路地を挟んで向かいに燃料の廃材が積み上げてあったり。団地側の公道沿いに来客用駐車場もありますがこちらは車で来るお客はそんなにいないような、路地の両サイドに色々と建物を持っている風で結構広い地所を持っているなと。

 開きっ放しの引き戸を抜けて玄関ロビーの下足入れに雪駄をしまう、券売機が2台ありますが回数券を持っているのでスルー。自動ドアを抜けて広いロビーへ、左手のフロント前にショウケースがありオリジナルTシャツなど販売しています。フロントの若い女性に回数券を渡して奥の男湯へ、階段を上がると2階に宴会場が有りますが何度も通っている割に一度も上がった事がありません。近くのヌーランドとか宴会場付きの風呂屋が意外とある大田区。
薪

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

入間湯 (目黒区目黒本町) [東京都目黒区の銭湯]

 紀元節、起きて國旗を掲揚。と言いつつも土曜に泳いで日曜に走ったので全身ガタガタで寝坊してしまいました。朝方は小雪がチラつく寒い日でしてまたもやと言うより恐らく3月半ばまでは土日も仕事なので日中に武蔵小山の入間湯へ偵察、向かいに行列のラーメン屋が出来ていたり都道26号挟んで向かい側の廃業した富士の湯が都道の拡幅工事で敷地の半分位が道路になっていたり。空を見上げれば駅前で建設中のタワーマンションが結構な高さになっていたりと武蔵小山もえらい事になっています。

 18時半頃まで仕事をしてから原付で中原街道を上る、日中は指が痛くなる位に寒かったのですが夜の方がむしろ気温が上がっているかな?入間湯の真正面に行列のできるラーメン店が出来ていて、日中は外まで並んでいたけど夜19時前はそうでもない。正面向かって右手側に行くと町会看板がありますがこの界隈月光町と言う何ともシャレた名前なのか、左手は今時土の地面に石を敷いた路地でしてその奥の煙突も震災の影響で半分以下にパイプカットされている、しかし日中の下見でその煙突から煙が上がっていたのを視認しているのでまだまだ現役。
煙突
 恐らく元は番台式で、前庭を潰して作った様に見えるコインランドリー前に原付を停めて引き戸のボタンを押すと自動ドア、正面の下足ロッカーは赤・緑・黄色の透明アクリル板の扉がカラフル。防寒靴をしまい半自動ドアを開けると左手にフロントがあるので女将さんに回数券を渡す、右手ロビーは広く奥の壁面は金屏風に安土桃山風俗の美人画が描かれたレプリカの壁画がテレビの手前に。浴室側壁面にも大きな山の油絵がありそう言えば玄関にも山と馬車が描かれた油絵があったね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

たちばな温泉 たちばな湯 (川崎市高津区子母口) [神奈川県川崎市の銭湯]

 日曜日、今日も18時頃まで仕事。今日も風呂に入ってから帰宅しようか、と言うワケで中原街道をひたすら下る。日中に写真を撮る為に実は一度来ていますが市民プラザ通り沿い、千年交差点を左折した先なのですが実は右折した先には溝口温泉喜楽里と言う人気のスーパー銭湯もあり商売大丈夫かな?とか心配になるのですが、日中に改めて見ると広大な地所に建った3階建てながら奥行きのある大きなビル銭湯なので家賃収入だけで問題無さそう。日中に行くと並びのパン屋が賑わっていて気になります。
駐車場と大きな躯体
 18時半頃改めてまた正面へ、向かって右隣のタクシー会社との間が広大な来客用駐車場になっています。前回2010年に来た際にはただの露天駐車場でしたが今回は一部コイン駐車場化している、正直駐車場の停めやすさなら喜楽里よりも上なのですがね。自転車やバイクは入り口前に皆停めているので原付をそちらへ停めて日中はシャッターが降りていた正面へ。自動ドアを抜けると左手傘立ての上に木造銭湯時代の懸魚が飾ってある、右手の下足入れに靴をしまうと下足ロッカー脇に同じく木造銭湯時代に現役であったであろう大きな柱時計も。
懸魚
 ロビー入り口の左右に券売機があり、サウナは入浴料込み600円なのでサウナだけなら130円、9年前は580円だったのでサウナの料金は据え置き。因みにライバルの喜楽里は平日820円だから料金で棲み分けが出来ているか。自動ドアを抜けると正面にフロント、男性客だけ?下足の札と交換にロッカーキーとサウナ客は赤いリストバンドにバスタオルを貸してくれる。右手駐車場側はパーティションで仕切られていて向こう側が整体コーナーか、その手前に応接セットと大型テレビ、テレビ脇に立つ西洋の甲冑とか昭和の昔には良く見ましたが久々に見たような。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

睦湯 (川崎市幸区戸手本町) [神奈川県川崎市の銭湯]

 日曜日、予報通りに気温が上昇して2週前に雨の中を走ってドロドロに汚れた大型バイクの洗車日和。しかしその後仕事をして夜に風呂に行こうか、先週同様に日中に風呂屋の外観写真を納めて夜に入浴しよう。今回の狙いは幸区の睦湯でして前回は2010年に来たきり、角のビル銭湯と言うのは記憶にあるので下見をして確認。向かいに昔と変わらずそば屋があるのでランチをそこで済ませる、そば屋と言うよりも何でも屋だったのでカレー・中華・定食の中からもつ煮込みを、650円とお安い。
全景
 バイクのガレージに行ってホースで水をかけてしっかりと洗車した後出勤して18時過ぎまで仕事、原付で環八から第二京浜に入り国道沿いの「冬伯」と言う昔は煙をモクモク吹いていた焼肉屋の角を曲がりバス通りへ。因みに下り車線側から右折出来ないので側道から向かうのが正解、一方通行だらけなので小学校の角まで行って左折してちょっとオシャレな酒屋のある角で左折して進むと前方左手に煙突発見、夜だと見落とすけど。右手の駐車場入り口脇に原付を乗り捨てて暖簾をくぐって入場、下足入れの上に招き猫。自動ドアを抜けてロビーに入ると案外コンパクト、公道を背にして座る女将に「サウナも」と言うと200円。外にベタベタ300円と書いてあるのに、下足の札と交換に470円と200円を払うと手拭いとバスタオルにナイロン製のリストバンドの入ったサウナバッグを貸してくれる。
入り口
 右手の男湯へ、おやコンパクトな脱衣場。と思ったのは2010年に来た際の記憶では広大な施設だった様に覚えているのですが他所の風呂屋と混同していたのか。外壁側にロッカーがありサウナの小窓も外壁側に、トイレは入り口裏手位で段のある和式便器ね、パールの床タイルに白い便器。浴室へ、やっぱり狭いと言うより小さ目の木造銭湯位の浴室。脱衣場と違い高天井ですが、島カラン1列でカランは仕切り側から9-3-3-8と仕切り側手前に立ちシャワー1。脱衣場側の棚にお風呂セットを放置して立ちシャワーを浴びて外壁側のドライサウナへ、広大な空間の外壁側に2段の腰掛があり10人は座れるかな、脱衣場側にも余裕があるのでそちら側にも腰掛スペースがあれば15人以上入るかな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

亀の湯 (蕨市北町) [埼玉県の銭湯]

 土曜日、仕事の繁忙期突入ですが月初なので本日は仕事をしない予定。環八外回りを北上して中山道で戸田橋を渡り埼玉県へ、蕨駅入り口交差点で右折するとすぐに目指す朝日湯がありますが何と土曜定休。ココまで下調べをしておいて何故定休日を調べておかないのか?しかし万全の下調べだけに一本北側の蕨市役所前の通りにも風呂屋があるのは分かっているのよね、そちらへ移動すると一方通行出口だったのでぐるっと迂回しましたが原付のエンジンを切って押して歩いても良い距離だった。

 ビル銭湯だと思っていたら改造されてはいるものの大型社殿造りの木造銭湯、正面の唐破風が巨大すぎて現在休業中の国分寺駅北口の孫の湯みたい、以前は懸魚もあった風。雨どいは凝った板金屋が作った銅板製、屋根は赤瓦ながらのし瓦に水形の鬼瓦と贅沢な装飾、煙突はステンレス製になっていたけれども。前庭があった部分は正面左手がコインランドリーで右手には「もりのかげ」と言う営業していない風の喫茶店、家族経営で風呂屋のフロントで飲食提供したりカラオケ始めたりするものの人手不足と高齢化で続ける事が出来なかったと言うありがちな展開かな。
雨どいが素敵
 唐破風下入り口左手によると本日は男湯がくすり湯でコーヒー風呂、女湯がドライサウナだとか。下足入れに防寒靴をしまい自動ドアを抜けてロビーへ、広大な脱衣場を三等分して中央をロビーにした様子。フロントの女将さんに430円を払うと下足の札と交換にロッカーの鍵を貸してくれる、JRの駅近銭湯だからこんなもんか。奥にはテレビとソファがあり高天井は格天井なのですがその部分だけ上からシャンデリアが下がっています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

越の湯 (川崎市幸区古市場) [神奈川県川崎市の銭湯]

 日曜日、本日も出勤日。でも夜は風呂に行くぞと日中に川崎市幸区古市場の越の湯へ、夜にばかり行っているので日中に写真を撮ろうと、そして近くの屋号は寿司屋なのにメニューは蕎麦屋と言う不思議な店でランチを済ませてから仕事場に行き18時半頃まで仕事。昨晩ほどは寒くない中を原付でガス橋を渡り古市場の交差点へ、ランダアバウトとも違う不思議な交差点でしてその傍らに越の湯。1階はスーパーでして現在はまいばすけっと、入り口前に原付を停めていると脇道を猫がサーッと歩くのが目につく。
全景
 階段を上がると右手にコインランドリーがあり正面に店名の入った暖簾、その上に「ビューティ&ヘルシーSalon de Koshinoyu」ってあるセンスはどうなのよ?とも思うけれども一昔前の東京タワー土産物売り場みたいで嫌いじゃない。のれんを潜って左手に下足入れに防寒靴を仕舞い右手のドアから入場、広いロビーと柱の向こうにフロント。若旦那が入浴料金は470円でサウナも入るなら770円と口上を述べる、この方過去に来た時には脱衣場の床にモップがけをしていた人だったがついにフロントを任されるようになったか。サウナも入るので770円を払うと下足の札と交換にリストバンドとバスタオルを貸してくれ、手拭いはありますか?と言うのは持参した物があるので遠慮する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

久が原湯 (大田区久が原) [東京都大田区の銭湯]

 土曜日、月末進行と言うか繁忙期で風呂屋に遠征している場合じゃない。なので近所の久が原湯へ、もう仕事中に外で吹く風の音が冷たそうでしたので18時過ぎに切り上げて向かう。隣の昔はダイシン百貨店だった東急ストア搬入口正面のビル銭湯で隣は居酒屋、奥にはビルのマンション入り口など、ビル銭湯としても年代物なのでちゃんと煙突が有ります。ビームスと牛乳石鹼のコラボ暖簾の先に券売機、ドライサウナは200円追加ですがこちら無料のスチームサウナあるし早く帰りたいのでパス。
煙突
 広いロビーに入り奥のフロントに回数券を渡す、男女入れ替え制でして本日は左手が男湯、改装前は女湯だった側ね。ビル銭湯ならではの天井の低い脱衣場、水回りが少し前のオシャレなのがデザイナーズ銭湯のはしりだった事を思い出させます。トイレは玄関の裏手辺りにあり以前より洋式便器ながら節水タイプに交換したのは最近かな。

 洗い場へ、そうそう左手の旧女湯はレイアウトがガチャガチャしているんだった。島カラン1.5列でカランは仕切り側から5-4-4、奥の炭酸泉裏手に2と外壁側に4、タイルの色も右手はベージュ基調なのに左手は藍色で少し暗い感じに。カラン前にケロリン桶と腰掛が放置してあるのはスーパー銭湯しか知らないお客が増えているから仕方ない、島カランに陣取って体をざっと洗う、カランは和栗のボタン式です。デザイナーズ銭湯のはしりですがカランは旧来のまま、最近ならTOTOにしてよりスーパー銭湯感を高めるのにな、こんな部分にもトレンドの変遷を感じられますね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

中島湯 (川崎市川崎区中島) [神奈川県川崎市の銭湯]

 日曜日は日中お出かけして帰宅したら16時半を過ぎており、今から日暮れ前に行く事が出来る風呂屋と言うとやはり川崎かな。これで3週連続で土曜日に戸田市の風呂に行って日曜日に川崎市の風呂に行っています。第一京浜を下り富士見通りで左折、ギャンブルエリアを抜けた先で右折すると中盛会商店街。8年前に来た時には道路を横断する様に装飾が下がっていて賑やかな印象だったのですが今回は若干寂れたような?
すずらん灯
 8年前は既に商店街の衰退云々世間で言われていたのですが、2011年と2019年を比べるとより衰退したような気がする。商店街中ほどの角に目的地の中島湯、前に立つすずらん灯に「子規の句碑」と言う看板が有るので正面の細い道を進むと次の角に八幡神社の鳥居がありその右手角に「多摩川を汽車で通るや梨の花」と言う句碑。何でも多摩川河川敷はかつて長十郎梨の一大産地だったそうで六郷橋のたもとに案内板もあるとか、同じ川崎市内でも高津区や多摩区界隈なら梨畑もあったような。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

中町一の湯 ( 戸田市中町) [埼玉県の銭湯]

 土曜日、予報通りに暖かい日。今日も中山道で戸田橋を渡りサン光湯の先の交差点を右折、しばらく直進してから東中本通りに入ると社殿造りと言うよりも町屋風の施設が見えてそれが本日の目的地である中町一の湯。正面に駐輪場があり裏手にも駐車場と駐輪場がある、裏手からの通路脇に井戸水ポンプの施設があるのでお湯は良さそう、屋根には視認できるだけでソーラー温水器が6つ並んでいるので井戸水を太陽光で沸かすというエコ志向なのか。
ソーラー温水器
 正面右手二階家下に入り口があるのでそちらから入場、外へもロビー側も自動ドアで玄関が広くも無いので双方の扉がいちいち開いて申し訳ない。フロントの大女将に430円を払う、公道沿いの細長いロビーには大きなテレビと奥に自販機とトイレ。男湯側へ、フローリングの広い脱衣場と金属製のロッカー、中央には樹脂製のベンチ。荷物をしまいロビー裏手のトイレへ、施設が新しいので人感センサー付き照明でして手前が小便器で奥に個室。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

バーデンハウス (川崎市川崎区大島上町) [神奈川県川崎市の銭湯]

 成人の日、やりたい事は色々あるけれども結局は仕事で16時半頃まで黙々と作業。暗くなる前に切り上げて風呂屋に行くかと2011年の6月に行ったきりのバーデンハウスへ、第一京浜を下り新川崎病院の角で左折後さつき橋交差点の先で右折すると油井型の煙突のある社殿造りの木造銭湯がある。裏手の煙突を見に行くと煙突側にコインランドリー、そして高くもない塀越しによく剪定された木が目隠しにもならず庭越しに銭湯躯体が良く見える。入り口左右の駐輪場に原付を停めているとコインランドリーの案内看板を見るに両サイドにかつて肉屋と八百屋が有ったそうですが現在は左右とも駐車場です。
煙突
 正面から入り右手の下足入れに靴をしまい自動ドアを抜けると正面部分を改造したよくある長いフロント、奥にテレビと応接セットがあり手前にフロントね。サウナ込で770円と言うのは入浴料470円+サウナ代300円か、下足の札と交換にロッカーキーと手拭い・バスタオルにサウナキーの入ったサウナバッグを貸してくれる。右手の男湯へ、折り上げ格天井を含め白一色に塗りつぶされている。トイレは外壁側で段のある和式便器ですが掃除は良いです、「窓を開けたら必ず閉めて鍵をかける様に」と言う貼紙に駅前でも無いのにロッカーキーがフロント管理なエリアなのを物語る様な。

 外壁側の引き戸を開けて濡れ縁に出ると外から見えた男湯限定の広大な庭でして、大きな池は縁があるのでこんな大きなプラ池が有るんだと感心したけど良く見たらコンクリート製だった、中を太った大きな錦鯉が多数泳いでいます。奥側の仕切り越しに声が聞こえるのはすぐ隣が露天風呂、これだけオープンで周囲をマンションに囲われているのに覗かれる心配は無いのだろうか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -