So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

旭湯 (府中市宮西町) [東京都多摩地区の銭湯]

 土曜日、断続的な雨と言うよりもスコールに何度か降られる。自宅で降られた時には布団や洗濯物が濡れて参りました、出先では見越して木陰に原付を停めておいたので降られず。と言うより停めておいた場所から500m先では雨が降った形跡もなく本当にスコールですわ、スマホの雨雲レーダーアプリを見るとそのまま降られずに府中まで行けそうなので当初の予定通り府中の旭湯へ行こう。

 甲州街道をひたすら下り府中街道の先で左折、地図の情報と違うなと思ったけど京王線の高架の向こうに果たして煙突が立っていた。煙突のふもとに賃貸云々と言う看板がかかっていて何かと思ったら正面に廻ると脱衣場の上階部分がアパートになっている、アパート階段のある右手にコインランドリーあり。左手に1台分の駐車場と駐輪場が有るので原付を停めて階段を上がり入り口へ。
煙突
 下足入れに雪駄を仕舞い自動ドアを抜けると広いロビー、何故か壁面にはマリリン・モンローのスチール写真がビッシリ、入り口右手には大画面テレビ。奥のフロントに行くと女将さんの脇でポメラニアンがノビている、回数券を渡しつつ「サウナも」と言うと追い金300円で下足の札と交換にリストバンド・バスタオル・手拭いを貸してくれる。あまりの蒸し暑さに冷蔵ショウケースのジュースを一本購入、外にも自販機が4台並んでいました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

儲かる物理 [読書感想文]

 4回読まないと理解出来なかった。

儲かる物理 ~人生を変える究極の思考力~

儲かる物理 ~人生を変える究極の思考力~

  • 作者: 鈴木 誠治
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2017/11/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 日経新聞朝刊1面下の書籍広告コーナーで2度ほど紹介されていたので購入、本当は1度目で買うつもりだったのですが忘れてしまい2度目で慌てて注文した次第。高校時代は理系クラスで大学受験も文系なのに社会科ではなく数学で受験したから機械があれば数学の勉強をやり直したいなと常々思っていました、しかし現実は大学の統計学以来数学からトンと遠ざかってしまい精々比や簡単な一次方程式に平方根を算定する様な計算をやる程度。本書は予備校で物理を教えている方が物理をマクラに経済活動を解説する本でもあり、経済活動を読み解くのに力学や量子力学を応用している態。

 ところが本書を読んで解ったのは中高の数学や高校物理を完全に忘れていると言う悲しい事実でした、数式が良く出てくるのを1回転目では見事に読み飛ばしてしまいコレではいけないと4回読みました、決して難解と言う事では無いよ。そうすると3回目あたりから数式をボチボチ思い出して来たのと、等式を乗じたり平方根を求めたりして公式の証明をするような算定を辿る事が出来る様になってやっと面白くなってきました。

 そうなるとつらつら考えるに、35年前には算式を丸暗記して意味も何も考えずにいたから、受験数学や受験物理と縁が切れたから忘れてしまったのだなと。本書を読んでいると公式や法則を発見した人の名前やそのエピソードから入って、それが導き出される過程を数式で辿るので今更意味が解るのが楽しい。当時著者の鈴木先生の授業を受けてみたかったと今更思いますが同年代なのでそれは叶わなかったか、と言うより当時の自分はそんなストーリーが理解出来るほど頭が良くなかった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

戦略空軍命令 [読書感想文]

 トランプ大統領の言い分も一理あると思わせる作品。

戦略空軍命令 [Blu-ray]

戦略空軍命令 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 復刻シネマライブラリー
  • メディア: Blu-ray
Strategic Air Command / [Blu-ray] [Import]

Strategic Air Command / [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー: Unbranded
  • メディア: Blu-ray



 読書感想文カテゴリで映画の紹介ですがご容赦を、原題のStrategic Air Command(SAC)とは戦略航空軍団と本来訳すべきですが映画のタイトルなのでそこは良いか。公開時の1955年はキューバ危機よりも前ですが既に東西冷戦が始まっていた頃です、当時はインテリの間では今からすると意外ですが旧ソ連が勝利して世界は社会化されると信じられていたそうなので、そんな不利な状況下でのアメリカ政府のプロパガンダ映画がこの作品であります。

 プロパガンダ映画であると同時にこの映画自体にもう既に抑止力があるとしか言いようがない内容でして、部隊の司令官が平和維持活動として世界中の何処へでも何時でも飛んでいって核爆弾を投下できる状態を維持していると豪語してしまいます。アメリカによる平和であり、アメリカを敵に廻して戦争をしようものなら国家も民族も地上から消滅させてやるとでも言わんばかりのメッセージと言うか警告がスクリーンから発せられる内容です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

西品川温泉 宮城湯 (品川区西品川) [東京都品川区の銭湯]

 日曜日、17時半に帰宅。自動車で出掛けていたのでそれほど消耗はしていませんがとにかく暑い、風呂に行ってサッパリしようと思ったら昼飯が少ないと時々なるハンガーノック状態になってしまった。全身から脂汗が出て頭がフラフラする、この状態で風呂、特にサウナに入ったらひっくり返るかな。と思いつつも原付に乗って何処の風呂屋に行こうか?と思案、品川区にしようと思いつつ大井町駅まで行ってから水風呂の大きな宮城湯に行こうと決断。

 大井町側からですと区役所前に出てしながわ中央公園脇から湘南新宿ラインの踏切を超えて新幹線の高架を潜ったら正面、宮城湯に行くのは4回目くらいですが過去は戸越銀座側から来ては毎度迷っていたのに区役所側から行けばこんなに簡単だったとは。以前は単なる宮城湯だったのが「西品川温泉」と名乗るようになりましたが看板は前から西品川温泉を名乗っていましたね、変わったところは路地側駐輪場向かいの木造アパートが全て建売住宅に変わったくらいか。
煙突と露天風呂
 裏手に廻ると屋上の露天風呂の囲いと壁面に黒っぽいペンキを塗ったダクトが有るのでコレが煙突だろうか?駐輪スペースに原付を停めて正面へ、信楽焼のタヌキは以前からいますが「明日は休ませて頂くでポンポコリン」と言う札がかかっているのは初めて見た。エレベータがありますが内部は灼熱地獄な気がするので奥の階段をヨレヨレ登って下足入れに雪駄を仕舞い自動ドアを抜けてフロントへ、女将さんに回数券を渡しつつ「サウナも」と言うと追い金百円でサウナ用リストバンドをくれる。それとは別に下足の鍵と交換に脱衣場のロッカーキーも受領、週替わりの浴室は本日1階が男湯でしてフロントと同じフロアの2階は飲食コーナーから保育園に変わっていました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

富岡製糸場 (群馬県富岡市富岡) [郷土博物館]

 日曜日、全然涼しくなかった軽井沢からの帰りに観光しようという事になり帰り道にある富岡製糸場に寄る事に。碓氷軽井沢から上信越道に乗り富岡で降りるのですがダッシュボードの温度計がみるみる上がって軽く40度を超えるので見ていて具合が悪くなる、カーナビの案内どおりに進むと市営の有料駐車場に誘導されて外に出るとまあ暑い事。しかも目的地に向かうつもりが反対側に進んでしまった、路地裏から正面に戻るとこの界隈はスナックの多いこと。雑居ビルではなく平屋の店舗なので絶対数は多くないのでしょうけれども、工場の門前町として飲み屋街だったのかね。

 ようやっと正面へ、シルク入り石鹸のデモをこの炎天下露天でやっているわ。私営の駐車場でも客引きの人が踊っていたので地元の人には日常なのか、飲食持ち込み禁止なので外で食べ切ってから券売所へ。通常千円ですがJAF割が5人まできくので900円で入場、券売所壁面に温度計があり日陰の気温39度で湿度45%と言う殺人的な環境です。なので場内のいたるところにミスト噴霧器や扇風機が設置されている、と思ったら地元ボランティア女子高生に連れられた「お富ちゃん」と言うゆるキャラの着ぐるみが歩いていて本当に中の人は無事なのだろうか?
この日の気温
 実は世界遺産になる前に来た事があるのですが、その時は10月で寒かったしもっと閑散としていたのにこの灼熱地獄でも大盛況。入って正面の東置繭所内部が空調も効いて快適なので一旦避難、8名の旅行でしたのでガイドを頼もうと言う事になり3,500円の解説員をお願いすると中庭で音声ガイドを渡される。因みに前回はボランティアガイドが無料で案内してくれたのですが、世界遺産で観光客殺到だから仕方ないか。東置繭所裏手に前回来た時には何か建ってたのに、と言うのは後で聞いたら数年前の豪雪で潰れたそうで確かにニュースで読んでビックリした記憶があります。

続きを読む


タグ:上州富岡
nice!(0)  コメント(0) 

藤の湯 (江東区東砂) [東京都江東区の銭湯]

 台風一過の日曜日、江東区大島に出かけて帰りに東砂の藤の湯へ。東砂3丁目のバス停先でUR団地側に入り地番を辿って進むと青い屋根の木造銭湯を発見、釜場付近がすっきりして煙突がステンレス製の短い物に変えられているので目立たない。藤の湯と言うだけに中央正面入り口左手から藤の木が一本生えて入り口付近に藤棚を作っている、しかも良く見るともう7月も終わりだと言うのに紫色の藤の花が幾つか残っているのは何だろうか?
藤の花
 右手の駐輪場に原付を突っ込んで暑いので入り口右手の自販機で缶ジュースを一本買って飲む、階段を上がった先が自動ドアで抜けると左右に下足入れが。奥を見ると右手が男湯なのでちゃんと右手を使うと中は一緒、フロント改造の木造銭湯で有りがちな脱衣場を三分割して中央部分がそのままフロントにした形式です。なので左右どちらから入っても中央部分のフロントご主人がお出迎え、回数券を渡し右手テレビで台風情報をチラ見してから右手の男湯へ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

中川船番所資料館 (江東区大島) [郷土博物館]

 日曜日は中川船番所資料館へ、都心を避けて東京湾ゲートブリッジを廻り込んで進むと中央防波堤に巨大な橋が置いてあった、このまま架橋すると言うより運んで別の場所に設置しそう。明治通りを北上して小名木川手前で右折して東に進み旧中川手前で左折、そのまま北上すると東大島駅がありますがその手前の団地のど真ん中で右折すると親水公園手前の角に目的地。裏手に駐車場があり隅に駐輪場もあるので原付を停める。

 施設に入る前に中川大橋たもとの施設を見学、後で資料館内にて区の人が委託業者が変わったとか何とか言っていましたが、河川敷でバーベキューをしたり土手にコーヒーショップのキッチンカーが停めたあったりコンテナハウスが展開するとカフェや売店になったりとオシャレ。この暑いのにオープンテラスのカフェには近隣の奥様連中がいたりする、河川敷にスロープがありコレが以前聞いた水陸両用バスのスカイダックが上陸するポイントか。
上陸するスカイダック
 土手の見聞を終えて横断歩道を渡り資料館へ、入り口付近はごく普通の区の施設と言った作りなのが江東区の特徴なのかな。入ると右手に受付があり入館料200円、500円払えば深川江戸資料館と芭蕉記念館の周遊チケットが手に入りますが3か所廻るのは流石に無理だろう。松尾芭蕉と言えば千住大橋渡って奥の細道へと旅立ったので荒川区イメージなんですが江東区なのか。受付向かいのエレベータに乗り3階へ。

続きを読む


タグ:東大島
nice!(0)  コメント(0) 

ヌーランド さがみゆ (大田区仲六郷) [東京都大田区の銭湯]

 土曜日、台風接近中。レインスーツを着て出かけたので雨は大丈夫かと思いきや流石は台風と言った感じに風が強くなったり弱くなったり、原付が揺さぶられるので遠方に行くのは断念。久々に新蒲田の秀の湯に行こうかな?と思いきや長期休業中だったのでJR線の線路を挟んで反対側の仲六郷へ。バス通りを下って角にペットショップのある交差点を右折するとヌーランド、向かいにバレエのスタジオが出来ている。
すずらん灯
 外見の写真を撮ろうとすると雨が急に激しく降り出してカメラがズブ濡れですよ、半地下のコイン駐車場がありますが原付は遠慮して右手の露店駐車場へ、半円形にせり出した部分の下に停めれば雨をしのぐ事が出来そうですが風が強いのでそうもいかないか。ヘルメットをかぶったまま階段を上がって入場、右手の百円返却式下足ロッカーはハーフブーツ用のやや大きい物もあり、それだと雪駄の上に原付用の半帽タイプのヘルメットが収納できる。
コインパーキング
 左手奥のフロント前券売機を見るとサウナ込800円とな、回数券が有るのでそれをフロントに出すと追い金330円で歯ブラシと髭剃りはいりますか?と言うのは断ると下足の鍵と交換にサウナキーとバスタオルに手拭いの入ったバッグを貸してくれる。右手側はテレビと自販機コーナー、青森物産?で米や豆類を販売している。10年ぶり位に来たので勝手が分らず2階に上がると座敷ですね、改めて下に降りて奥の大きな暖簾を手前側に入ると男湯の脱衣場。過去何度か来てはロッカーが満員で苦労したのですが台風なのでガラガラ、百円返却式ロッカーが緑色の市松模様に新調されている。トイレは女湯側に個室が一つだけでこのスーパー銭湯みたいなキャパの風呂屋にコレで良いのか?節水タイプの洋式便器でシャワートイレ付。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

柳湯 (北区東十条) [東京都北区の銭湯]

 連日の猛暑で止む無く冷房付けたまま寝たらてき面に具合が悪くなりまして、土曜日が酷かったのですが日曜日も引き続き酷い。日中の用事を済ませたらまた具合が悪くなってきて、経験上体調が悪いのにサウナに行くと悪寒が出たりして酷くなるから止めよう。そう思いつつ原付で環七外回り線を北上して赤羽付近まで行き右折して東十条駅前へ、するとサウナ無し銭湯は予想より遠くあまりの暑さに移動する気力も無く前に行った地蔵湯の近くにある柳湯へ。

 大型のビル銭湯で1階部分が5台分の駐車場になっているので雨の日に便利そう、ビル裏手にステンレス製の煙突あり。1階の奥半分が賃貸マンションで3階の手前側半分がオーナーさんの自宅かな?入り口脇の駐輪スペースに原付を停めてエレベータも有るけど階段を上がる、下足入れに雪駄を仕舞い券売機でサウナ370円の券を購入。自動ドアを抜けて公道沿いの細長いロビーへ、フロントの若いご主人?に回数券とサウナ券を渡すと下足の札と交換にバスタオルと手拭いの入ったバッグと下足札の預かり証リストバンドをくれる。
煙突
 外があまりに暑いのでこのままサウナに入ったら倒れそうだから冷蔵ショウケースに入っていた炭酸飲料を一本購入して飲み干してから右手の男湯へ、女湯側壁面にロッカーがあり反対側は自販機とドレッサー。ロッカーに荷物を入れてフロント側のトイレへ、ピンク色のタイルの洋式便器で床が汚れていなかったので座りション。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

世田谷区立郷土資料館 (世田谷区世田谷) [郷土博物館]

 日曜日、朝のNHK日曜美術館で土偶や土器を採り上げていて國學院大學博物館を紹介していたので見に行こうかなと思いました。しかし、この数日来の酷暑で冷房依存の生活が続いて調子が悪くなったのと、昼過ぎまでそんな体調でも大蔵総合運動場の屋内プールで泳いでいたのです。泳いだら疲れ切ってぐったりしたのと体調がやはり良くないので渋谷の國學院は諦めよう、以前に寄ったら臨時休業だった世田谷区立の郷土資料館が近いのでそちらに行こうか。

 世田谷通りを上って先日行った天狗湯の前を通過して世田谷通りの一本裏手にあるボロ市通りへ、そのボロ市通りのひときわ木が茂って鬱蒼としている場所が世田谷代官屋敷。真向かいに世田谷信用金庫の本店があり左手に駐車場、守衛の人に原付は何処に停めれば良いか聞くと奥の屋根付き部分で良いとか。この暑いのに郷土資料館へ来ようと言う酔狂な人間は滅多にいないので遠慮なく停めさせていただく。
正面
 鬱蒼としているだけあって木に囲まれた中の代官屋敷を左手に見つつ通路を進むと屋外に板碑や庚申塔が無造作に展示してあるけど、苔むして欠損した狐の石像とか首のない地蔵菩薩とか不気味系が揃っているのはどう言った趣味なのか。明るくて小奇麗な郷土資料館前に並べてあるので怖くはありませんがどう言う趣味何だか、その奥に入り口があり左手が郷土資料館で右手は集会室。入場無料ですが誰かが詰めているワケでもなく、入り口付近にそのまましおりになるアンケート用紙があるだけ。

続きを読む


タグ:世田谷 上町
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -