So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

砂川湯 (武蔵村山市学園) [東京都多摩地区の銭湯]

 土曜日、予報では台風一過で都心の気温が37度とか言っていましたがそこまでは暑くないかなと。プールに行っても水はぬるいし行水に来たにわかスイマーだらけでまともに泳げないと言う、37度は流石に大袈裟な気もする夕暮れ時にこれならば先週同様に遠征も出来るかなと。例によって東八道路から小金井街道に入り今日は新青梅街道へ、東久留米市から東大和市に入るとアレ?武蔵村山市って東大和市横断しないと辿り着かないんじゃ?とかなり不安になりましたが2車線で流れの良い新青梅街道だとすぐに武蔵村山市に。

 東大和市内で手前に多摩モノレール終着駅を見たらすぐ先の松屋で左折すると煙突が見えるのでそのまま直進、左手に団地を見つつ右手に元町コロコロ商店街。すると店舗群が遮って煙突が見えなくなってしまった。と言うより右折できるポイントが無いので明らかに通り過ぎてから右折すると煙突のすぐ近くまで来たのに進入禁止で近付く事が出来ないという。再びコロコロ商店街に出て床屋の看板が出た整骨院のところを入るとドンピシャ、風呂屋の門前町に飲み屋と美容院に理容院が並ぶと言うある意味王道か。
商店街奥
 左手空き地が駐車場でその奥が燃料の集積場と言うか廃材をただぶん投げてある場所、裏手を見ようと砂利の道を進むと村山すずらん通りと言う別の名前の商店街になって何が何だか。切妻屋根の木造モルタルで屋根瓦は昨今のスレート瓦かな?正面に戻り入り口左手の駐輪場に原付を突っ込む、暖簾をくぐって右手の下足入れに雪駄をしまい引き戸を開けるとフロアレベルの番台があり年配の女将に回数券を渡して入場。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

湊湯  (船橋市湊町) [千葉県の銭湯]

 台風一過、しかし都内は突風が続く。お盆休み明けは朝9時に出かけなければならないので9連休分のメールチェックをするだけで時間が足りなくなりそうだから本日出勤して2時間ほど仕事、これで月曜日にバタバタしないで済む筈。その後は図書館に行って読書をしてから16時半に環七からまたもや357号線へ、台風の吹き戻しで突風が吹く中をひたすら東進して船橋市に入り日の出交差点を左折するとすぐ左手に煙突が見えてきたので今回は地番を辿って風呂屋を探す必要が無いなと。
運河沿い
 運河沿いの道を進むとその運河脇。運河の向こう岸には中学校があります。周囲をぐるっと廻ると周囲は住宅地ですぐ北側に市役所が有るからと言って官庁街でも無いのか。土手下に降りて入り口脇に原付を停める、れんがタイル壁の後ろに切妻屋根が見えるので正面の壁はフロント改造した際に作った物か。右手にはコインランドリーがあり入り口右手には男湯側カランが壊れている旨の貼り紙あり、シャワーじゃなくてカランが壊れているのって致命的なんじゃ?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

竹の湯 (福島県会津若松市上町) [福島県の銭湯]

 121号線を北上して会津若松市へ、国道に右折レーンが整備されているのは良いけど直進すると右折になるので左車線に入らねばならないのがやや煩わしい。市内のビジネスホテルにチェックイン、家族で数室押さえて連泊している人もいて使い方色々だなと。バイク装束を脱ぎ捨てて短パンに裸足に雪駄と言う楽な格好に着替えてから外へ、気温は都内と変わらない暑さですが湿度が低い分マシかな。4ブロックほど飲食店街を進むと先ほどチェックインする前に下見をしておいた四角い煙突のある風呂屋。
四角い煙突が特徴
 左手が月極駐車場なのでそちらに廻ると背が低いながらもゴツい煙突に釜戸から金属製の煙突が伸びている、右手裏には来客用駐車場があるらしい。正面入り口前には竹炭を入れた籠が置いてある、しかし超音波浴場とは何でしょうかね?そう思いつつ男湯側右手の引き戸を開けて入場、右手の下足入れに雪駄を仕舞う。そのまま座敷になっていて一応フロントなのかな?超音波浴場の看板裏手に座る女将さんに500円玉を渡すと50円戻って来たので450円か、案外と高い。

続きを読む


タグ:会津若松
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

甲子温泉大黒屋 (福島県西白河郡西郷村真船字寺平) [福島県の銭湯]

 今年のお盆休みは会津へ一泊旅行、とにかく台風の進路が全然定まらないから予定も立てられない。それでも13日に会津若松市内のビジネスホテルを予約できたので普段通りに起きて行こうとしたら8時から1時間ほど都内は雨ですよ、お陰で出発が1時間遅れて東北道が大渋滞になるもバイクなのでチョロチョロと車線変更を繰り返して白河ICに13時前に到着。289号線に入りひたすら甲子トンネルを目指す、都内はまだ雨が残っていましたが福島はドピーカンで気温も高すぎ。

 前回に来た時にはトンネル手前で右手の対向車と行き違い出来ない側道に入ってえらい苦労して行ったのですが今回はちゃんとトンネル出てすぐ左折、急坂を下るとすぐに到着ですよ。木陰にバイクを停めて正面へ、日帰り入浴は15時までだったなそう言えば、なんですが13時半なので余裕です。入って左手のフロントで700円払い内湯の恵比寿の湯は清掃中なので百段階段降りた先の大岩風呂しか入浴出来ないと説明を受ける、前回来た際にも大岩風呂しか入ってないですけど。

 スリッパを途中サンダルに履き替えて長い階段を下りる、途中に何か所か引き戸が有るのは冬場の防寒対策と夏場の虫対策かな?降り切って頑丈な鉄橋で渓谷を渡る、向こう側左手の大きな建物が混浴だけど男しかいない大岩風呂で右手の小さい建物が女性専用の櫻の湯。9年前とは屋根が葺き替えてあるのでスレート瓦?と思ったけれどもトタンのままだった。左手のプールは9年前には水が張ってありましたが使用中止でプール脇のトイレも撤去された?トイレは大岩風呂の扉を開けて右手に有るのはやはり寒さ対策だろうなと、山奥の一軒宿と言えど洋式のシャワートイレなのが今時。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

美吉湯 (葛飾区東堀切) [東京都葛飾区の銭湯]

 3連休の最終日、涼しいなと思ったら朝から雨。沿岸部だけの様なので午後からいっそ八王子の銭湯でも行こうか?と思ったけれどもお盆休みの旅の計画を立てたら遠征は控える気になって久々広尾の中央図書館へ、マンガ置くようになったりとカオスで昔の16歳未満入館禁止の時代が懐かしい。16時半に撤収して都心方向へ、流石に日中皇居ランをしている人はほとんどいない。東京MXテレビ前に人だかりが出来ていたのはN国の人がいたかららしい、浅草を抜けて水戸街道からお花茶屋駅を抜けて左折して図書館の向こうが目的地と思いきや3年前に行ったさつき湯でした。
煙突
 そこから数ブロック先に再び煙突を発見して正面へ行くと右手半分が駐車場と言うか燃料用のパレット集積場で左手に切妻屋根の木造銭湯、コンクリート煙突はさつき湯とは違い先端をすぼめている。駐輪場に原付を停めて何故か小さな入り口を抜けると広いタタキ、下足入れに雪駄をしまい自動ドアを抜けると真正面にフロント、回数券を渡すとロッカーキーを貸してくれるけど駅前でも無いしお花茶屋ってそんなに治安悪そうにも見えないが。

続きを読む


タグ:お花茶屋
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

紅梅湯 (千葉県船橋市南本町) [千葉県の銭湯]

 日曜日、山の日と言う祝日だそうです。先週末は旅行で寝だめが出来なかった分今日はヨレヨレで14時過ぎまで自宅で過ごしてやっと原付を起動、357号線で一気に浦安へ。ところが空が暗いなと思ったら浦安に入った途端に雨ですよ、目的地の浦安市役所に到着したら本降りになって郷土博物館の駐輪場へ急いで原付を乗り捨てて17時まで施設を見学。スマホの雨雲レーダーを見るとピンポイントで浦安周辺だけ雨が降った模様、お陰で外に出ると湿気が酷いですが気温は下がっています。

 357号線更に下って船橋へ、市街地と言う感じが全然しないのですが地図アプリで見ると近くに風呂屋がある。関係無いがアプリの地図の向きを自分でスワイプして変えればちゃんと使える事を発見、わかりやすいランドマークのある場所でその設定をすれば良いだけか。これ国道14号?と言うバス通りみたいな通りに出ると煙突を発見してそこが目的地。宮造りではない切妻屋根で正面に砂利敷きの駐車場が4台分あり、左端は駐輪スペースですが敢えてそこを外して脇の公道路肩に原付を寄せて停める。
P1010922_bb.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

神明湯 (東大和市新堀) [東京都多摩地区の銭湯]

 土曜日、連日の猛暑でプールも水がぬるい。早く風呂に入ってさっぱりしたいな思いつつも目指すは東大和市です、そんな遠方なんてと思っていましたが先日行った小平市にある栄湯の西側1キロくらいなので栄湯+5分位かな迷う時間入れても。なので栄湯往復のルートを参考に東八道路小金井街道青梅街道から府中街道へ、栄湯の近くに拘って西武国分寺線の小川駅近くを通過しましたが帰りの感じでは八坂駅近く緑風荘病院前の江戸街道から行った方がわかりやすかったかなと。団地の向かいに光商店街と言う買い物商店街ではなく飲み屋街がありその一番奥に目的地の神明湯。
光商店街
 油井型の煙突にサウナ露天風呂とあるね、幅員の狭い商店街奥なので全体が解りづらいのですが木造銭湯をフロント改造したのかね?正面に並んだ自転車の隙間に原付を停めて左手の入り口へ、ポスターを見るに日替わりで入替制だとか。下足入れに雪駄をしまい自動ドアを抜けて入場、右手フロントの女将さんに回数券と下足の札に追金200円を払いつつサウナもと言うとバスタオルとサウナキーを貸してくれる。

 左手と言うか手前渚の湯が本日の男湯で奥茜の湯は女湯、脱衣場は高天井の東京式ですが格天井ではないね。先客が冷やしシャンプーが気持ち良いと連呼しているので備え置きはそのタイプか、外壁側のロッカーに荷物を入れてロッカー左手のトイレへ入ると奥行きのある個室に洋式便器一つ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

田沼意次―「商業革命」と江戸城政治家 [読書感想文]

 何この副読本。

田沼意次―「商業革命」と江戸城政治家 (日本史リブレット人)

田沼意次―「商業革命」と江戸城政治家 (日本史リブレット人)

  • 作者: 深谷 克己
  • 出版社/メーカー: 山川出版社
  • 発売日: 2010/12/01
  • メディア: 単行本

 ここしばらく田沼意次がマイブームでして、広瀬仁紀の「田沼意次」だの山本周五郎の「栄華物語」を読んだり。栄華物語は何処が田沼意次やねん!?と言う内容でラストの心中前で挫折してしまったけれども。フィクションではなくちゃんとした研究本を読もうかなと思いネットで注文したら高校の歴史教科書でお馴染みな山川出版社の参考書的な本が来て、本当に内容は正統派田沼意次研究本を読んでいるという前提の副読本だった。ですので例えばこの辺りを先に読んでおいた方が良いのだろうけれども、決して安くもない単行本なので図書館で借りた方が良いのだろうかね?

田沼意次:御不審を蒙ること、身に覚えなし (ミネルヴァ日本評伝選)

田沼意次:御不審を蒙ること、身に覚えなし (ミネルヴァ日本評伝選)

  • 作者: 藤田 覚
  • 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房
  • 発売日: 2007/07/10
  • メディア: 単行本
 そうは言っても買った本書は読むしかない、冒頭に所謂「田沼時代」から想起されるイメージの変遷に触れた後に失脚後に田沼意次が何をしたか?を祈祷の上奏文や大名としての家訓制作、それと領地の遠州相良城築城と言う田沼意次研究本ではあまり触れない部分に注力して最後に田沼時代の産業について触れている流れ。小説と古典的な賄賂政治家と言う評判に昨今の開明的政治家と言う知識だけでも話にはついていけるのですがちゃんと知識がある方が良いに決まっているので藤田覚氏の本を先に読むべきかなと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

いやさか湯 (横浜市鶴見区馬場) [神奈川県横浜市の銭湯]

 日曜日、泊りがけで出かけていましたが17時に帰宅。滞在先のホテル大浴場にサウナがあったので朝サウナとシャレ込んでいたのですが流石に夕方には全身ベタベタです。近場のサウナでスッキリしたいなと言う事で鶴見の水道道路沿いの喜久の湯はどうだろう?と検索してみると屋号がいやさか湯に変わっている。コレは行って確かめなければと言う事で原付を起動、第二京浜を下って水道道路の陸橋下をくぐった先で左折してその水道道路に入りしばらく進むと右手一本裏の道に赤く「ゆ」の看板があるビルを発見。
ネオンが目印
 「ゆ」の文字を目印に裏手に入ると第一みゆき商店街があり中心にいやさか湯、13台分だと言う駐車場は建物正面と右手側で日曜18時前はほぼ満車。裏手に廻ると駐車場側壁面にステンレス製の煙突と裏手は目隠しのある浴槽、そう言えば水風呂と露天浴槽が裏手にあったか。改めて正面に戻り入り口へ、女湯のサウナは平日無料だそう。深大寺そばが横浜市鶴見区なのにウリで食事だけで来店しても良いらしい、入って左手の下足入れに雪駄をしまい右手階段で2階へ、エレベータもあるので歩きたくない向きにも安心。2階に上がると広いロビーで奥には厨房と食堂もあり、入って右手にある券売機で470円の入浴券と百円のサウナ券を購入して左手対面にあるフロントへ、下足の札と交換に鍵型のサウナキーを貸してくれる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

種の起源 [読書感想文]

 苦節四か月

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/09/20
  • メディア: Kindle版
種の起源〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

種の起源〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

  • 作者: チャールズ ダーウィン
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/12/20
  • メディア: 文庫

 上下各400ページ以上ある上に古典の翻訳物独特の調子なので1度読んでも内容が頭に入って来ず2回転、すっかり読書は電車の中でするものに成り下がった生活習慣が原因で800ページ2回転には3か月以上かかったという。そこまで難解と言う事は無いのですが、もうすっかり加齢で頭が駄目になってしまったと言う事で。

 かの有名なダーウィンの進化論の本です、の筈なのですが本書には「進化論(evolution)」と言う単語が登場しない。と言うのはダーウィン監修で第六版まで重ねた種の起源の初版本の翻訳だそうな、どうも日本語版の翻訳は判で押したように皆初版本だとか。「進化論」は第六版で改定された際に初めて挿入された言葉でして、同じく有名な「適者生存」と言う言葉も第五版で書き加えられた概念だそうで。すると「ダーウィン・エコノミー」で提起されたアダム・スミスよりもチャールズ・ダーウィンの方が経済学者として優れていると言う話には恐らく初版の本書を読んでもたどり着く事が出来ないのだなとガックリ。

 本書の正しい読み進め方は思うに、先ずは上巻巻末の「本書を読むために」を読んでから上巻の「訳者まえがき」を読んでやっと上巻の本編を読み、下巻は「下巻のための訳者まえがき」を読んでから下巻の本編を読み最後に「解説」を読んで〆に「訳者あとがき」と言う順序が良いかなと。この順序ですとダーウィンの年譜を先ず頭に入れてから本編に入っていく事が出来ます。そして訳者あとがきで翻訳者が学生時代に弱肉強食や優勝劣敗を憎み平和共存を貴ぶ今西進化論と言う思想が当時の文化人間で大流行していた、なんて話を読んで一昔前の日本論壇が創造説が主流だったダーウィンの時代と同じで笑う笑えない。そう言えばソ連崩壊の時に左派の人がダーウィンの進化論だったとやたら言っていたのが今にして思えば今西進化論とやらの負けが明らかになった時だったのだろうか?

 そしてやはり岩波文庫版についてはリスペクトをしつつも読みにくいと切って捨てているのがなるほどなと。これは私の経験でもあるのですが、岩波文庫と言う奴は巻末に「読書子に寄す」なんて一文があるくせに凡そ一般向けと呼べない翻訳物があるのですよね。最初から外国語学習者向けの副読本と言う体裁で翻訳してあり日本語が崩壊していて意味不明なのも中には有ると言う、そりゃ出来たら原書で読んでみたいですがそんな時間もヒマも無いから翻訳本を読むのに殺生なと毎度思います。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -