So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

桜湯 (府中市宮町) [東京都多摩地区の銭湯]

 土曜日は京王線府中駅前の桜湯へ、とは言っても移動は原付で甲州街道をひたすら下ると調布の辺りで立川まで10キロと表示されるからならば立川まで行ってみようかと見る度に毎度思う。小金井街道で左折して京王線の高架をくぐりすぐ右折、駅前のシネコン裏手でして府中駅前もタワーマンションだらけの摩天楼になっており目的地の桜湯も15階建てのビル銭湯。
巨大ビル銭湯
 土曜日とは言え17時前にこんな駅前に原付を停めたら駐車監視員の餌食になりそうだ、と思っていたらビル右隣に砂利敷きの来客用駐車場を発見、チェーンで施錠してありますが原付なので隙間から突っ込んじゃう。周囲をぐるりと廻りましたがここまで大きいと煙突も無いですね、駅前のすずらん灯が電信柱のトランスをモチーフにしたのか?不思議な形でモチーフと言うより本当にトランスなのかもしれない。
すずらん灯
 半地下に下りて入り口へ、右手にコインランドリーがあり手書き感のある看板には15時半より22時までの営業時間が書かれている。右手の下足入れに雪駄をしまいボタン式自動ドアをくぐってフロントへ、回数券を渡して「サウナも」と言うと下足の札と交換に追い金300円でバスタオルと手拭い入りのサウナバッグをくれる。


 奥の男湯へ、ビル銭湯な天井低めの脱衣場。ロッカーをみると扉に鍵が無く丸い穴が開いているのみで荷物を入れたらロッカー内側に紐で固定してある「使用中」の札を穴から出しておけとな、流石に駅前の銭湯でコレは不用心過ぎないか?財布・スマホ・腕時計にカメラと金目の物大量に持ち歩いているのに。仕方ないのでその通りにするけど壁面にはロッカー鍵紛失した場合の警告文が貼ってあるので以前は鍵が有ったのだろうね。トイレはそこそこ新しそうなビル銭湯だけに洋式。

 浴室へ、左手外壁側に浴槽があり右手にカラン。島カラン1列でカランは5-5-5で浴槽脇に立ちシャワー1、カラン上の棚にお風呂セットを放置して奥のサウナへ。上下2段で定員8名位?テレビも有線放送も無く12分計あり、室温106度ですが耳が焼けて痛くなる事も無くじゃんじゃん発汗して実に気持ち良い。出ると奥側並びに水風呂あり、水温23度と快適水温ですが水道水を貯めてあるだけかな?
設備一覧
 ロッカーが不安なのですぐ出るつもりでしたが6分間を4往復、水風呂でノビているとご主人が車椅子でサウナと水風呂の間にあるバックヤード扉まで来て何かしていたのでバイアフリーな施設やね。外壁側浴槽は半円形で手前がバイブラで壁面側は奥からジェット2点のボディジェットと座風呂2つにでんき風呂、でんき風呂は電極板の間隔が広く電気が強いので腕に当てたり腰に当てたりと悶絶、でんき風呂前に湯口があるのでお湯が勢いよく噴出しています。

 ケロリン桶と腰掛を持って壁側カランに陣取って体を洗う、シャンプー類の備え置きは無しでカランは和栗のボタン式。水風呂隣のくすり湯は人気が無いなと思ったらお湯が熱かった。2点ボディジェットに移動してお湯を背中に叩き込んで浴槽内を立ちシャワー方向へ浴槽内を移動するとでんき風呂前の湯口から熱い湯が噴き出していた。

 上がると当たり前だろうけど荷物は無事、でも実質脱衣籠方式なのでちょっと不安、駅前だし案外と混んでいたので。ロビーに出ると相撲の14日目大一番だったので半円形のソファに腰掛けて取組を見る。サウナバッグの返却方法はタオルの入ったバッグをフロント前の床に放置してリストバンドだけをフロントご主人に返却する方式なのが不思議。
入り口付近

桜湯
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-666


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。