So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

旭湯 (府中市宮西町) [東京都多摩地区の銭湯]

 土曜日、断続的な雨と言うよりもスコールに何度か降られる。自宅で降られた時には布団や洗濯物が濡れて参りました、出先では見越して木陰に原付を停めておいたので降られず。と言うより停めておいた場所から500m先では雨が降った形跡もなく本当にスコールですわ、スマホの雨雲レーダーアプリを見るとそのまま降られずに府中まで行けそうなので当初の予定通り府中の旭湯へ行こう。

 甲州街道をひたすら下り府中街道の先で左折、地図の情報と違うなと思ったけど京王線の高架の向こうに果たして煙突が立っていた。煙突のふもとに賃貸云々と言う看板がかかっていて何かと思ったら正面に廻ると脱衣場の上階部分がアパートになっている、アパート階段のある右手にコインランドリーあり。左手に1台分の駐車場と駐輪場が有るので原付を停めて階段を上がり入り口へ。
煙突
 下足入れに雪駄を仕舞い自動ドアを抜けると広いロビー、何故か壁面にはマリリン・モンローのスチール写真がビッシリ、入り口右手には大画面テレビ。奥のフロントに行くと女将さんの脇でポメラニアンがノビている、回数券を渡しつつ「サウナも」と言うと追い金300円で下足の札と交換にリストバンド・バスタオル・手拭いを貸してくれる。あまりの蒸し暑さに冷蔵ショウケースのジュースを一本購入、外にも自販機が4台並んでいました。


看板わんこ
 左手の男湯脱衣場へ、上階に貸し間が有るのに高天井だから当初は普通の東京式銭湯だったところに建て増しをしたのだろうか?脱衣場にも自販機が有りましたがほとんど売切れだったのでロビーで買って正解かな。外壁側にサウナを追加してフロント改造してあるので歪な形な上にトイレも個室を追加した風、やはり元は濡れ縁の先にでもあったのをフロント改造の際に屋内に持って来たのか。そのトイレはパールのタイルな段のある和式便器、掃除は良いのだけれども古いから下水の臭いが上がって来る。

 浴室へ、島カラン1列でカランは5-7-7-5、仕切り側手前に立ちシャワー2、入り口脇の机にお風呂セットを放置して立ちシャワーを浴びて外壁側のドライサウナへ。上下2段3人ずつで室温94度、テレビもBGMも無く壁面に5分の砂時計のみ。上段は常連さんがいたので下段に座りましたが下は下でガス遠赤外線の熱がダイレクトに来て結構熱い、多分3~4分で汗だくになったので外に出る。

 水風呂はサウナ隣の外壁沿いで桶の水を被ってから入ると26度と言うだけあって何時までもいられる温度ですが冷えないね、井戸水の源泉そのままかな?浅い水槽はまあ広いのですが1名用。なのでサウナから他のお客が出て来るまでは水風呂でノビ続けては戻るを3往復、上段でも下段でも外が蒸し暑いので違いを感じず5分粘っては水風呂に入る、立ちシャワーの水量があればシャワーで冷やしても良いのですがそんなにドバドバも出ない。

 浴槽は仕切り側が熱い湯の深槽、中央が座風呂で外壁側に派手なバイブラの浅槽。バイブラに湯口があるのに仕切り側が熱いとは面妖な?実際に温度差はそれほど感じず常連さんも浴槽の縁に腰掛けて喋っている人が多くどれも熱い、バイブラでブクブクしていたら大き目の噴火がドカンと来てお湯が口に入りそうになったり。

 17時半のピークタイムだからか?カランが埋まっていたので1つ空けてと言うワケにもいかず隙間に陣取る、無地のケロリン桶でカランは日の丸扇刻印のボタン式ね。シャンプー類の備え置きはあり、カランは熱めですがカランのシャワーはぬるめ。今度は高温浴槽に入りますがやはり温度は一緒だ、壁画は浴槽の真上にモガとクラシックカーと言う良く見るタイルがあり、その上には平成28年の西伊豆と書かれたペンキ画、日付は失念、大きな浴室なので幅のある綺麗な画ですね。立ちシャワーを浴びて上がる、1時間ほど滞在してサウナの相客が多摩方面に雷雨とか言うので急いで帰りましたがそんな事無かったですね。
全景

旭湯
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-664


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。