So-net無料ブログ作成

松の湯 (府中市新町) [東京都多摩地区の銭湯]

 日曜日、予報通り昼過ぎまで雨で止むのを待ってから出掛けましたが結局降られたと言う。夕方に府中から国分寺街道を北上して府中市内の銭湯で残り一軒となった松の湯を目指す、すると東八道路にぶち当たったのでちょっとビックリした。上り車線に右折して新町小北交差点を左折すると団地を抜けて新町商店街、途中に「松の湯ストアー」と言う店舗がありその左手なのですが一方通行出口なのでぐるりと廻り込む。松の湯ストアー・松の湯・コインランドリーと松の湯ブランドが並ぶよ。
松の湯ストアー
 因みに戻ってから地図を見たら国分寺街道をそのまま北上した桃の湯と位置があまり変わらない、府中市内だけど北端に位置して最寄り駅は国分寺なのか。正面をフロント改造してありますが上を見ると社殿造りではないシンプルなトタン葺き切妻屋根の木造銭湯、正面右手が駐輪場になっているので奥に原付を停める。更に奥まで行くとステンレス製の煙突が見える。正面に戻りエントランスへ、下足入れに雪駄を仕舞い右手のロビーに入ると入り口右手にテレビ、左手奥にフロントがありご主人に回数券を渡しつつ「サウナも」と言うと追い金250円で下足の鍵と交換に雲形サウナキーとサウナバッグに入った手拭いとバスタオルを貸してくれる。
煙突


 右手の男湯へ、フロントに削られてみたり道路側を延長してマッサージチェアを並べてみたりと歪な脱衣場。ロッカーはフロント改造の際の通路側と外壁側にあり、トイレは外壁側でブルーのタイルに節水タイプの洋式便器。浴室との境に自販機があったりデジタル式の体重計が2つ並んでいたり、脱衣場入り口脇の棚にお風呂セットを放置して浴室へ。

 壁面をサイディングで覆われた高天井の東京式銭湯レイアウト、島カラン1.5列でカランは仕切り側から7-4-4-4、外壁側カランは水風呂をL字型に2-2で囲む形で配置。仕切り側手前の立ちシャワーをしっかりと浴びてから外壁側のドライサウナへ、元々の銭湯躯体の外側に建て増しした風。上下二段で定員8名位?室温95度で手前壁面に5分の砂時計が1つに壁面にテレビあり。
正面
 テレビを見つつ5分で汗だくになるので出ようとしたら水風呂が非サウナ客にも人気で出るタイミングを計っていたらもっと長居をしてしまった、4往復しましたが毎回5分+1~2分はいたような?水風呂はサウナ正面でして2名用の浅めな浴槽で水温は22度と快適仕様だから人気が有るのか、昨晩から今朝にかけてベトベトになったままだったのが抜けてすっきりさっぱりしました。

 浴槽は仕切り側から座風呂とマッサージ風呂の深槽、ミクロバイブラの浅槽に岩風呂のカプセル風呂。ミクロバイブラで温まってから仕切り側に陣取り体を洗う、シャンプー類の備え置きはありでケロリン桶は名入りの白い関西タイプなのが珍しい、カランは日の丸扇刻印のボタン式ね。仕切り壁面にはタイルにウロコ模様と言うか波模様がありその下には花のレリーフまで有ると言う凝った物。タイルと言えば壁画もヌードの女性と幼児の上を鳥が飛んでいるモザイクタイル画で立派。仕切りには銭湯ポスターが並べて貼ってあり、良く見るペンキ絵風ではない一番奥のマンガは初めて見た、七福神がお風呂に入っている画。

 今度は座風呂に入ってすぐ隣のマッサージ風呂へ移動、つぼ型の周囲から噴射するジェットが絶妙な場所に当たって気持ち良い。岩風呂に移動しようかな?とか呑気に構えていたら案外人気で入るタイミングが無く時間も遅いので断念しました。立ちシャワーを浴びて上がる、2つある体重計の片方は色々計る事が出来るハイテクな奴ね。出るとフロントのご主人が若旦那に変わったタイミング、70分滞在しましたが18時半を過ぎるともう真っ暗ですね。暗いので帰り道を間違えそうになったり、普段通り環八に出ず多摩川沿いに帰ったら案外早かったかもしれない。
しんまち通り

松の湯
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-667


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。