So-net無料ブログ作成

玉の湯 (大田区羽田) [東京都大田区の銭湯]

 土曜日、大掃除と言うより普段の掃除。毎週中掃除位やっているので改めてやる事も無いかな、昨年バラバラに分解して清掃したレンジフードを今年も分解してちょっと丁寧にやった位。それよりも最近お気に入りの千葉県大多喜町にある「御菓子司津知家」の最中を年賀用品に買いたいなと、年内の営業を電話で確認すると31日までやっていますが最中は売切れ御免ですとか言うので電話で予約を入れて本日取りに行く事に。

 大多喜なんてアクアライン経由なら90分程だ、ところが環八を進むとラジオの交通情報では下り線事故1キロ渋滞とか言っていて、それがドンドン伸びて到着した時には4キロに。盆暮れ正月ドライバーとか地方ナンバーとかがやらかす時期ですが本当に迷惑な、それでも16時半過ぎに到着して帰りにわくわく広場にも寄る。こちらは年末なので通常品が撤去されてからし菜漬け位しか買う物が無かった、帰りは海ほたる前で軽く渋滞して都内へは18時前に戻って来る。

 本当は都心部の銭湯に行くつもりでしたが、今から行って帰りにスーパーに寄ったり年末なので車にガソリンを入れたりすると遅くなりそうなので近場にしておこう、羽田空港から環八を天空橋方面ではなく左折して弁天橋のバス通りへ。確かコンビニの前から側道に入る筈、と思っているとファミマとセブンイレブンが2軒並んでいる。そのセブンイレブンの向かいにコインパーキングが、ル・パルクの車止めの無いタイプは初めてですが駐車時に自動でナンバー撮影するのか。

 空港近くと言う事で小さいホテルが沢山、こんな場所にもインバウンド効果が。玉の湯前に行くとほぼ向かいにもコインパーキングが有ったのがやや失敗、立派な唐破風は朱色に彩色されていて小さな懸魚もある。周囲をぐるりと探索すると裏手に油井型の煙突が良く見えます、煙突の写真を撮って帰宅してから良く見たらカシオペアが鮮明に写っていて何やら得をした気持ちになる。
見えるかな?


 下足入れに雪駄を仕舞い右手の男湯へ、一応番台かな?低い位置に座っている女将さんに回数券を渡して入場。外壁側と島のロッカーが有るので島ロッカーを利用、仕切り側にも大型のロッカーが並んでいましたが鍵が無かったので備品の保管庫だろうか?男湯側は前庭が残っているので脱衣場からちゃんと見える、女湯側は駐輪スペースになっていますね。トイレは外壁側で段のある和式便器、掃除がかなり良くて便器がピカピカです。浴室入り口にボディソープの備え置きは有るだけです、と袋入りの使い切りボディソープが箱に入っているので1つ拝領。
唐破風と懸魚
 浴室へ、島カラン1列でカランは外壁側から7-6-6-6と仕切り側手前に立ちシャワー1、外壁側カランは何故かシャワーが隔一でしかない。こちらはサウナがあるので先ずはサウナへ直行、バイタル熱気浴と扉にあり中は普通のスチームサウナ。奥の上部にシャワーの朝顔が付いた装置前に陣取ると腰掛部分が熱くなっている、と言うよりも電熱器に水をかけて蒸気を発生させる装置は動いておらず座面の熱さで何となく熱いだけ。かなり頑張りましたが全然汗が出ないので途中で断念、サウナ室内に水シャワーがあるのは便利で夏場に来れば発汗するかもしれない。
薪で沸かしています
 内湯は仕切り側に八角形のジャグジーバスと外壁側が2点ジェットのある浅槽、双方ともくすり湯で最初はジャグジーへ。お湯が噴出しているのは湯口と言うよりもお湯を回転させるジェットなのか、しばし温まってから上がって体を洗う、ケロリン桶と腰掛を持って仕切り側のカランに陣取る、カランは和栗のボタン式ね。外に書いてあった通り備え置きのボトルはシャンプーとリンスのみ、今度は2点ジェットへ。壁面はコミカ風呂で良く見るテラコッタタイルで模様を描かれている、脱衣場側の壁面も白いタイルに気持ち模様が入っているのもコミカ風呂なのだろうか。

 立ちシャワーを浴びて上がる、眠くてフラフラしていた上に熱くないスチームサウナに長居したからか?帰宅したら咽喉をやられてしまった。車に戻るとコインパーキングが大田区羽田にしては高いんじゃないの?な30分300円でサウナで長居したからか900円になってしまった、穴守稲荷駅がほど近いので車で来る人は少ないでしょうけれども。
全景

玉の湯
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-434
http://ota1010.com/explore/%E7%8E%89%E3%81%AE%E6%B9%AF/
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/tokyo/ohta/tama.htm


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。