So-net無料ブログ作成

ゆートピア21 (葛飾区亀有) [東京都葛飾区の銭湯]

 日曜日、空気はひんやりしていますが快晴。昼過ぎまで自宅や車庫で色々と雑用をこなしてから午後は日本橋とお茶の水でお買い物、最近はネットばかりだったのでやはり店頭で接客されつつ買い物をするのは良いです。そんな都心起点なので今日は遠方の風呂屋に行こうかな?葛飾区小菅付近でも行こうかとお花茶屋付近まで行くと今日はサウナに入らねばならない理由が有ったのを思い出す。亀有方向に進んだ橘湯が良いかな?と行ってみたら入り口が鉄パイプで封鎖されていた、浴場組合の廃業リストに載っていたかね?

 しかし亀有駅が近いのでそれならば駅前のゆートピア21に移動するか、とにかくJR亀有駅南口を適当に目指す。正月に前を通過しているので勝手は分かるのですが、問題は繁華街の駅前なので原付を乗り捨てる事が出来るか?現地に行ってみるととてもじゃないが店頭に原付を停めて良い雰囲気じゃない、乗り捨てている人はボチボチいたけれども。少し考えて環七挟んで対面のアリオ駐輪場に乗り捨ててしまったよ、駅前にイトーヨーカドーがありすぐ近くに同じ系列のアリオとセブンアンドアイな亀有駅前で、環七を跨ぐ歩道橋がエスカレーター式なのには感動した。
亀有駅
 改めて正面に廻ると社殿造りの東京式木造銭湯、前庭と破風部分を潰してフロント改造しているかと思いきや、向かいの商業ビル2階から見たら千鳥破風が残っていました。住宅密集地ではやや不安になるコンクリート煙突は裏手のアーケード飲み屋街からも良く見える、懸魚も健在でこのままの状態をキープして欲しいな。右手の玄関に入り下足入れに雪駄を仕舞いロビーへ、フロントのご主人に回数券を渡しつつサウナもと告げると300円で下足の札と交換にバスタオルとサウナ客専用ロッカーキーを貸してくれる。


こんなに繁華街
 右手の男湯へ、天井は光沢素材の折上げ格天井でルーフファンが3つも下がっている。サウナは脱衣場内に増設されていますが、フロント化工事と相まっても脱衣場がいびつな形にならずスクエアなままなのはお値打ち。そのサウナ壁面にサウナ客専用ロッカーとトイレ、トイレは小さ目ながら清潔感のある個室に洋式便器。トイレ出入口の外壁側を見ると庭も一部残っています、外から見た印象では流石に男湯側だけで隣が雑居ビルな女湯側は流石に潰してコインランドリーになっている。
懸魚
 浴室へ、島カラン1列でカランは仕切り側から8-6-6-2と左右手前に立ちシャワー各1、お風呂セットを放置する棚が無かったので島カランの上に置いて立ちシャワーを浴びてから外壁側のサウナへ。ドライサウナでして上下2段の定員は6名かな?温度計は100度を指していて脱衣場側の窓に5分の砂時計が1つあり、脱衣場同様の有線放送からは演歌が流れています。

 空気は冷たかったのですが日差しは暖かだったからか?7分ほどで汗がしっかり出たので一旦出る、サウナ出入口前のフックにバスタオルをかけて外壁側立ちシャワー奥の水風呂へ。水温20度程度で浅いながらも正方形で広く2名は余裕、人気でサウナ客以外も入れ代わり立ち代わり使っていました。17時半を過ぎているのであまり長居をせぬように水風呂は30秒ほどで出て後は5分で3回と合計4往復、水風呂にもう少し長居したら疲労の揉み出しがしっかり出来たのですが、それをやるとぐったりしてしまうから家が遠いのもありそこは我慢。

 浴槽は奥の仕切り側からくすり湯・座風呂・ミクロバイブラの浅槽と外壁沿い水風呂の奥が寝風呂、ミクロバイブラでブクブクやってから上がって体を洗う。カランは日の丸扇刻印のボタン式で放置してあったケロリン桶と腰掛をそのまま使用、シャンプー類の備え置きは無し。仕切り側奥から2番目のカランを使って、一番奥はシャワーが無いから使わなかったのだけれども私がジャマなのに無理やり後ろを抜けて仕切り側奥の扉前からくすり湯浴槽に入る人がいて可笑しいやら申し訳ないやら。

 壁画は虹の手前でトビウオやイルカに乗って戯れるカッパのモザイクタイル画でして昨年に江戸川区松島の一心湯で見た物と同一の物、他の何処かでも見た事があった記憶が。何セットが限定で製作した物じゃないだろうか?上述のくすり湯が人気で入れず立ちシャワーを浴びて上がる、フロントにバスタオルとロッカーキーを戻しに行くと年配のご主人から若旦那に変わっていた。17時半頃はロビーの小さいテレビを常連さんが囲んで相撲観戦していたのが18時40分には静かに、因みに平成5年までは富士見湯と言う屋号だったとか。駅前の風呂屋とか繁華街のど真ん中にある風呂屋は他にも有りますが、駅前表通り沿いで社殿造り銭湯がそのまま営業を続けているのは珍しいんじゃないかな。
全景

ゆートピア21
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-259
https://katsushika1010.com/sento/%E3%82%86%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%A221/
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/Diary/tokyo/katusika/yutopia.htm 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。