So-net無料ブログ作成

御幸湯 (川崎市幸区小向仲野町) [神奈川県川崎市の銭湯]

 土曜日、予報では1日降ったり止んだりの筈が日中は全く降らずお陰でルーチンの家事や運動を予定通りにこなす事が出来る。このままの天気の様なので埼玉県か葛飾区まで風呂屋遠征しようかな?と思ったけれどもそう言えば多摩川大橋を渡ってすぐの御幸湯が3月31日で廃業なので今日行っておこう。と言う訳で多摩川大橋を越えて最初の信号の先、ブックオフ手前左手にコンクリート煙突が目印のように良く見える。そのブックオフに原付を乗り捨てる、御幸湯は公道から入り口までの路地が駐輪場になっているから店の前に停める事が出来るのですけれどもね。
煙突
 歩いて裏の砂利敷きの路地から煙突を眺めてから正面へ、川崎競馬関連の施設が近くにあるので馬糞の臭いがする一角です。右隣に以前は飲食店が入っていたのが現在は空き店舗かな?駐輪場のカーポートに3月31日をもって廃業する旨の貼り紙が、施設老巧化が原因なんだとか。入ると正面の傘ロッカーにも同様の貼り紙、右手の下足入れに雪駄を仕舞い川崎ならではな自動ドアの引き戸を抜けて入場。


廃業のお知らせ
 番台は美人の女性で奥様と言うよりも娘さんだろうか?サウナも入ると言うと770円なので通常料金+300円、バスタオルを貸してくれる。外壁側に大小の水槽があり鯉と熱帯魚がそれぞれ、中央部の島にソファとシンビジュームともう1鉢乗ったテーブルに体重計とエアロバイクもまとめて置いてある。高天井は格天井ではありませんがそもそも外見も社殿造りでも無いし。仕切り側奥にはテレビとその手前に招き猫、トイレは引き戸を開けた濡れ縁の先でブルーのタイルと便器の和式。

 浴室へ、先ずはサウナなのでお風呂セットを脱衣場側の棚に放置。島カラン1.5列でカランは仕切り側から7-5-5-5、外壁側にカーテン付きの立ちシャワーが2つ。前回来たのが3年前でしたがその時には無かった空中配管は何?どうもカランのシャワーへの給湯管らしいけれども。明日は朝から出掛けるので何でも前倒しでやろうと言う心づもりで16時半と言う早い時間だけに常連の老人客ばっかり。

 外壁側のサウナへ、上下2段6名定員で壁面の12分計は故障していますがテレビ横と壁面に5分の砂時計各1、入口上の室温計は105度で脱衣場に置かれた4:3のブラウン管式テレビを窓越しに見る様になっていてちゃんと音声も聞こえる。出入口の足元に何か置いてあったのはテレビのリモコンでチャンネルは好きに変えて良いらしい、脱衣場と同じバラエティー番組になっていたのでそのまま視聴。最初は10分間で、その後は5分で3セットと4往復。隣の水風呂は20度ですが強めのバイブラであっという間に体熱が奪われるから長居出来ず、浅いですが広めで2名サイズでも独占利用して気持ち良い。
本格サウナ
 浴槽は仕切り側から座風呂の深槽と中央が赤外線もある浅槽で外壁側がくすり湯兼でんき風呂、座風呂で温まる、冷水枕が全然冷えていないのも老巧化なのだろうか。上がって体を洗う、ケロリン桶と腰掛を持って仕切り側のカランへ陣取る。カランは日の丸扇刻印のボタン式、例の空中配管は全てのカランのシャワーに来ているので応急処置ではなく完全切り替えなんだろうか?ついでに色々直した様でカランのシャワーがピタッと止まるのが気持ち良いです。

 中央のミクロバイブラで気持ちブクブクやってから外壁側のくすり湯へ、くすり湯と言えば通常白湯よりもぬるめで常連老人に人気と相場が決まっているのですが、こちらのは白湯よりも熱い上にでんき風呂になっているので不人気。電極板は浴槽の両端に貼られているのですがかなり強力で腰を当てると悶絶状態になってしまう、その状態で粘って汗だくになってからハンドシャワータイプの立ちシャワーを浴びて上がる。番台はご主人に変わっていてテレビもプロ野球のデイゲームに変更、こちらの方が常連老人も盛り上がって良いか。何とも通常営業な雰囲気でしたが明日日曜日で終わりなんですね。前倒しのお陰で18時過ぎに帰宅しましたがその後は雨だったので、埼玉や葛飾に行ってたら降られたかも、御幸湯サマサマです。
正面

御幸湯
http://www.kawasaki1010.com/now/koten/miyuki/miyukiyu.htm
https://k-o-i.jp/koten/miyukiyu-1/
http://furoyanoentotsu.com/miyukiyukomukainakanotyo20061223.html 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。