So-net無料ブログ作成

さかえ湯 (渋谷区東) [東京都渋谷区の銭湯]

 土曜日は久々パリピ活動、正直引退したいのですがパリピの知り合いが多いので仕方ない。会場は渋谷なのでじゃあさかえ湯で一風呂浴びてから行くか、どうせ帰りが凄く遅くなるので帰宅後に風呂は無いだろうし。東横線を渋谷ではなく代官山で降りたのは駅前公園にある旧同潤会アパートにあった文化湯のタイルを見たいのと渋谷駅から地上に出るのが億劫だから。章仙鈴栄堂と名の入ったタイルを鑑賞、文化湯は一度入った事がありますが団地の中ながら古い銭湯そのままで何とも味がありました。
代官山公園
 並木橋通りを渋谷へ向かって進む、両サイドには新しいビルも建っていますが景色は昭和の時代からそれほど変わっていない。JRの跨線橋を過ぎるとコカ・コーラのロゴ入り看板にさかえ湯の文字、脇の階段を降りると入り口です。久々に来たので周囲を検分すると渋谷川沿いが公園に整備されていてビックリした、昔は倉庫が並んでいたのに。それでもさかえ湯のビルがそのまま残っている感じ、上に階にレディ・ステディ・ゴーと言うショップが長らくあったのは流石に無くなっていたけど。


並木橋通り沿いの看板
 階段を下に、並木橋通りから行くか渋谷からですと並木橋通りのアンダーパスをくぐった先。入り口がそのまま駐車場になっているので車の脇を抜けると半地下の通路がコインランドリーになっていて奥が釜場、ビルに煙突が残っていて薪用と思しきパレットが積んであるのですがガスじゃないのかね?昔は隣に銀扇閣と言う簡易宿泊所がありそこの宿泊客が来て一種独特な雰囲気だったのに。開けっ放しの引き戸を抜けて左手の男湯へ、下足入れに雪駄を仕舞い引き戸を抜けて番台の若いご主人に回数券を渡す。天井の低い脱衣場でロッカーは仕切り沿いと奥、ロッカー上にはシャンプー類から化粧水にジェルや歯磨きにハンドクリームまであり全て使って良いと言う太っ腹。浴室入り口右手にはどこかのサウナで使っていた様な古いバスタオルが大量に積んでありこれまた一枚だけなら無料で貸してくれる。
煙突
 渋谷なので手ぶらで来る人も多いのかね、と思っていると若い人がやって来てはタオルを借りたり。トイレは入り口左手で床タイルが古めかしい洋式便器ですが掃除は良いし臭いもしない。ボディソープを一つ拝借して浴室へ、島カラン1列でカランは左手壁面と正面に各5と島カランに4-4、左手々前に立ちシャワー1。島カランにはシャワーが無いのですが片付けていないケロリン桶と腰掛が有ったのでそのまま陣取る、腰掛は黒がとても珍しいく、実はコの字型もあった。カランは日の丸扇刻印のボタン式でタイル類は新調されている様子。

 全身をざっと流して浴槽へ、脱衣場側が2点ジェットの2つある浅槽で奥側は鳴門の渦巻きか?と言う位に激しいバイブラ浴槽。最初は2点ジェットへ、お湯がぬるめなんですがジェットを受け続けていると汗が出てきたので上がって体を洗う。洗い上がり後は怒涛のバイブラ深槽へ、前回2010年に来た際には浴槽がステンレス製で珍しいと思ったのですが普通のタイル製になっていたのはやはり浴室の回収をこの10年位の間にやったのだろうか?半地下で池袋の平和湯の如く壁面にはビジュアルが何も無し、仕切りの無い立ちシャワーを浴びて上がりました。渋谷川沿いをパーティ会場まで歩いたらもう知らない町になっていてビックリ仰天ですよ、渋谷はどうなるのでしょうかね?
入り口付近

さかえ湯
http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-347
http://www5e.biglobe.ne.jp/~wadyfarm/shibuya20a.html
http://furoyanoentotsu.com/sakaeyushibuya20061124.html


タグ:渋谷 番台
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。